プロにお願いする美しい肌の保ち方

HOME

画像
 美容皮膚科でのしみの治療法は様々な種類があります。美容皮膚科では医師の診断のもと、しみの種類や濃さにより様々なしみ治療が選ばれます。 塗り薬による治療はハイドロキノンやトレチノレン、トラネキサム酸などメラニン色素に対してシミを漂白する治療です。紫外線によるしみや肝斑、ほくろやイボの色素沈着に効果的です。 点滴による治療ではビタミンCやプラセンタなどの美白成分を点滴注射する方法です。顔だけでなく全身の細かいしみや紫外線ダメージを全身的に治療するしみ治療です。 レーザー治療はメラニン色素に反応する医療用レーザーを当ててしみを消すしみ治療です。しみの状態に合わせて強度を調整できるのとピンポイントに当てることが可能なためほくろの除去やタトウー等を消すのに有効です。 フォトフェイシャルは広い波長を持った光を広範囲に照射し、メラニン色素を反応させて色素沈着を除去する方法です。 広範囲に当てられるので顔全体等広い範囲を一度に治療できます。 しみ治療は個人によって治療法も変わってくるので医師の診断のもと適切な治療を受ける必要があります。

CONTENTS