プロにお願いする美しい肌の保ち方

タイミング

綺麗な肌を保つ
 

美容皮膚科でしみ治療を行いたいと考える場合、季節に注意する必要があります。
夏の間は紫外線が強いため、しみ治療を行うのには向いていないのです。

治療の時期


比較的紫外線の弱い時期に行うのが安心でしょう。というのも、しみ治療は
レーザーの照射によって行うことがほとんどなのですが、レーザー照射を行った部分が
紫外線に当たると、またしみになってしまいやすいからなのです。


せっかくお金を払ってしみ治療を行うのに、しみを作る結果になってしまっては元も子もありません。
夏の強い紫外線が落ち着いた、秋口から冬ごろにしみ治療を行うのがおすすめです。


特に一般的なシミの原因とも言われる紫外線では、紫外線を浴びる事で色素形成細胞の
メラノサイトが刺激を受けメラニン色素を作りだしてしまい、紫外線の害から
肌を守ろうとして肌の色を黒くするために出来る状態になります。


肌の白い方にシミやそばかすが多いのは、肌が弱いために出来てしまう状態とも言われています。


メラニン色素のおかげで紫外線による肌の害を減らせメラニン色素は
必要なものですが、肌の一部に色素が残ってしまうため
シミになってしまいその為シミ治療をする方が増えています。

 

シミの対策としては、日焼け止めやビタミンCのサプリメントや血行をよくするなど
スキンケアを重視し、肌に潤いを与える事で活性化できます。

活性化

 

できてしまったシミはシミ治療が必要になりますが、シミ治療でも最近は
レーザーなどで簡単に取れるとしても人気が高いので、受けてみても良いでしょう。

CONTENTS