プロにお願いする美しい肌の保ち方

治療の成分

綺麗な肌を保つ
 

しみの中でも、美白化粧品でのケアにより割合簡単に薄くなる物と、
全然効果が表れない物とが有り、特に女性ホルモンの分泌と関係の深い肝斑は
一般的な美白成分では歯が立たないものです。


肝斑というのは、主に目の下から頬にかけての左右対称の部分に出来るしみの事で、
30代以降の女性に多くみられます。

30代の女性


このように、改善するのが難しい場合のしみ治療は、美容皮膚科でトラネキサム酸を
使用して行われる事で、高い効果を得られる事が多いのです。


肌の消しゴムという別名が有るほど美白力の高いトラネキサム酸は、肌の状態に合わせた
配合量を守ることが重要ですので、美容皮膚科の専門医のもとでしみ治療を受けられる事で
肝斑を始めとする消えにくい頑固なしみを肌に負担なく改善させる事も可能なのです。

治療を受ける

CONTENTS